本大会では論文要旨集を作成しておりません。

本Web-siteプログラムページに掲 載いたしますので各自でダウンロードして頂きますようお願い申し上げます。

論文タイトルをクリックしていただくとPDFが開きます。

土曜日(午前)10:00~12:00

第一会場:
銀行

司会:井上光太郎(東京工業大学)

報告 報告者 討論者
メインバンクのガバナンスがリストラ行動とその市場評価に及ぼす影響について 石崎篤史
(東京都市開発)
井上光太郎
(東京工業大学)
Proprietary position and asset management business under the same roof - efficiency enhancing or conflict of interest? 金木健
(一橋大学)
鈴木健嗣
(一橋大学)
加藤政仁
(亜細亜大学)
The performance effects of bank M&As: The foreign institutional investors matter in Asian and EU countries 白須洋子
(青山学院大学)
安田行宏
(一橋大学)
池田直史
(東京工業大学)

第二会場:
アセットプライシング

司会:竹原均(早稲田大学)

報告 報告者 討論者
企業がカバーする技術領域の幅と企業パフォーマンスの関係性に関する実証分析 岩城康史
(関西学院大学)
山口勝業
(イボットソン・アソシエイツ・ジャパン)
有価証券報告書のテキストマイニングによる株式のリスクファクター分析 佐藤隆清
(東京工業大学)
井上光太郎
(東京工業大学)
池田直史
(東京工業大学)
岡田克彦
(関西学院大学)
ポスト・バブル28年間のインプライド資本コストと成長率の変動過程 山口勝業
(イボットソン・アソシエイツ・ジャパン)
小野慎一郎
(大分大学)

第三会場:実証会計①

司会:永田京子(東京工業大学)

報告 報告者 討論者
会計測定とバリュートラップ 小野慎一郎
(大分大学)
村宮克彦
(大阪大学)
椎葉淳
(大阪大学)
高須悠介
(横浜国立大学)
退職給付ファイナンスの長期パフォーマンス分析 石田英和
(京都大学)
野間幹晴
(一橋大学)
日本基準とIFRSに基づくのれんの会計処理の差異が利益および株式評価に与える影響 久田祥子
(東海大学)
中嶋幹
(武蔵大学)

第四会場:株式市場①

司会:太田浩司(関西大学)

報告 報告者 討論者
株価はなぜ激しく変動するのかー議決権、残余財産請求権の価値― 水野博志
(福岡大学)
翟林瑜
(大阪市立大学)
ETFが個別株式の株価水準に与える影響 芹田敏夫
(青山学院大学)
花枝英樹
(一橋大学)
太田浩司
(関西大学)
     


土曜日(午後)13:20~20:00

統一論題「FinTechとファイナンス研究の未来」

司会:岡田克彦(関西学院大学教授)

  
時間 報告 報告者
13:20~15:20 「FinTechが示唆する銀行の未来」 岩下直行
(京都大学教授)
「FinTechで変わる財務会計と資産運用」 藤田勉
(一橋大学大学院特任教授・シティグループ証券株式会社顧問)
「ブロックチェーンビジネス最前線と未来の金融」 福島良典
(株式会社LayerX 代表取締役社長)
15:30~16:30

会長講演 花枝英樹 (一橋大学) 

「経営財務研究の変遷」

16:40~17:40 会員総会
18:00~20:00 懇親会